劇団竹

第13回公演「花ざかりの病棟」チラシ表
公演まで
6

第13回公演「花ざかりの病棟」

公演日程

  • 2/4
    (Tue.)

    ソワレ20:00

  • 2/5
    (Wed.)

    ソワレ19:30

  • 2/6
    (Thu.)

    マチネ14:00

    ソワレ19:30

  • 2/7
    (Fri.)

    ソワレ19:30

  • 2/8
    (Sat.)

    マチネ14:00

    ソワレ18:00

  • 2/9
    (Sun.)

    マチネ13:30

    ソワレ17:30

  • 2/10
    (Mon.)

    マチネ14:00

あらすじ

あらすじ

東京のH大学のOBであり、三島由紀夫文学に心酔する者たちだけで結成された文芸サークル「斜めの会」。自費のミニコミ誌とWebマガジンで年に二回発行するだけの地味なサークルだった。メンバーは扇林三、大妻守、高倉幸、河野良国、河野修国の5人のみ。 メンバーである修国は医師から余命三ヶ月を言い渡された。父の暢明は現実を受け止めきれず宗教にすがる。継母の昭子は現実逃避から修国の病棟に入り浸る。修国の死にも直面せず、ただ一方的に自分語りを続けるのだった。 修国は活動が停滞気味だった「斜めの会」のメンバーを集めて「私のための特別号を発刊してほしい」と頼む。テーマは「余命三ヶ月」。 しかし内容は三島由紀夫文学に準じて『死に関して決してしみったれないこと』『デカダンスであること』『シニカルであること』が条件であった。 そんな時、新興宗教にハマった父親の暢明が奇跡を起こせるメシア(教祖)を病棟に連れてくる。カワサキと名乗るその男は何の霊感もないただの詐欺師だったが、その男稲岡射陽は修国の運命の恋人だったのである。お互いに運命を感じた二人は「余命三ヶ月」の前に付き合うことが出来るのだろうか。会員達は余命わずかな友の前に執筆することが出来るのだろうか。
劇団竹の2020年の新作は三島由紀夫没後50年を記念した「病棟耽美悲劇」です。

チケット情報・会場

劇団竹 第13回公演
『 花ざかりの病棟 』

チケット料
前売り¥3,500 当日¥3,800

※チケット受付は開演の45分前。開場は開演の30分前。

会場:新宿シアター・ミラクル(東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4階)

" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen>

スタッフ&キャスト紹介

【 脚本・演出 】

【 CAST 】

  • 江花実里(架空畳)

  • ロン佐藤(アートバリケヰド)

  • 新井友香(劇団宝船)

  • 吹雪ユキエ

  • 竹林林重郎(劇団竹)

  • 森川武(劇団竹)

  • 杉村こずえ

  • 佐々木光弘(空飛ぶ猫☆魂)

  • 山川恭平(Peachboys)

  • 佐藤友

【 STAFF 】

  • 舞台監督・美術佐藤秀徳(ステージメイツ)
  • 照明釣沢一衣(ふぉーすてーじ)
  • 音響・楽曲リンホブデイ(劇団竹)
  • 楽曲アレンジ編曲浜崎寛斉
  • 音響操作野口知己(ふぉーすてーじ)
  • 衣装中村亮子
  • フライヤーデザイン寺部智英
  • 制作植竹ナツコ(劇団竹)

【 協力 】

  • ㈱アールジュー 新井友香事務所 ㈱ダックスープ レリバンス(同) スタジオshogo gLUV. Barダーリン Bar8039 Peachboys 架空畳 アートバリケヰド 劇団宝船 空飛ぶ猫☆魂 河原塚遼 フロム・ニューヨーク 中村たかし 石川雄也(劇団竹) 辻村尚子(劇団竹) 松本真衣(劇団竹) 齊藤泰隆