劇団竹ホームページ

4月本公演情報!

公演情報 2017.2.15

劇団竹 4月本公演

待つなセリヌンティウス

Exif_JPEG_PICTURE

 

2017年4月26日(水)~30日(日)
@神田・楽道庵( n-as.org/rakudoan/ 千代田区神田司町2-16)
脚本・演出/竹林 林重郎
出演/石川雄也(劇団竹) 森川武(劇団竹) k.a.n.a(劇団竹)  森川結美子 山川恭平 佐藤友

音楽/リンホブデイ(劇団竹) 音響操作/齋藤裕之 衣装/中村亮子 舞台美術/渡邉薫 宣伝写真/鷹野隆大

フライヤーデザイン/GRAND DESIGN 制作/植竹ナツコ(劇団竹)
チケット発売日3月21日(火)より
チケット料金前売り¥3,000 当日¥3,300 公開リハーサル(26日)¥2,000※前売り当日共に
チケットお問い合わせ info@gekidan-take.com 08042960335(植竹)

26日(水)15:30(公開リハーサル)/20:00
27日(木)19:30
28日(金)20:00
29日(土)16:00/20:00
30日(日)14:00/18:00
チケット受付と開場は開演の30分前。

 

 

オマエ、俺のこと待つなよ。俺は長距離ランナーじゃない

【あらすじ】
自殺で亡くなったらしいテツオ。遺族から詳しい死の真相が語られることがなく4年。
そしてテツオの実家で故人を偲ぶ会が開かれた。参加者はテツオと生前親しかったバンド仲間や親友、片想いの相手など。もう時効とばかりに明かされた真実。テツオの想い出話や、テツオの死を受けた後の悲喜交々。
やがてそれぞれの『自殺を止めることが出来たかもしれない』という自責の念は運命共同体を築き、奇妙な狂乱を生む。
2015年公演『悪鬼駄裸堕裸 阿羅漢の爪の垢』は自殺してゆく者たちの話でしたが、今作品では、自殺されて残された者たちを描きます。
原作者竹林林重郎が実体験に基づき執筆した意欲作。
劇団竹流『故人を偲ぶ会』へどうぞ御参加下さい。